読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡エンタテイメント

何気無くない平凡な毎日を哲学し続けます。

新しいガム、食べたいです。

元彼との思い出がたまに押し寄せる。

 

というか悲しいことに、

 

たまにどころか、よくある。

 

相手にはもう新しい彼女もいるし

 

別れてから一度も言葉を交わしてない。

 

大好きだった職場、彼氏

 

わたしはあのとき何故、全部手放さないといけなかったんだろう

 

バカなんじゃないのかと思って、そーなってしまった自分を責めることがよくある。

 

答えは、何もかも受け付けなかったから。なんだけれど

 

少し元気になると、こんな風に

幸せだった頃を思い返しては涙が出る。

 

 

 

この先に、もっといいことが待ってるはずだろう。

 

心の中でなんども名前を呼んでいる。

聞こえるはずがない。

わたしが前を向くまで、

また会えるわけもない。

 

似た人を見かけるだけで苦しい。

大好きだった彼を思い出して、ただ恋しくて、ひたすらにさみしい。

 

誰よりも大切な人だったけれど

 

手を離してほしいと言ったのはわたしの方なんだ。